Menu高く売りたい【仲介売却】

  • トップ
  • 高く売りたい【仲介売却】

価格にこだわった売却をするならば
「仲介売却」がおすすめです

「仲介売却」は市場価格に沿って高値で不動産を売りやすい売却方法です。時間はかかっても価格にこだわった売却をしたいという方に向いています。

熊本市の豊不動産が、仲介売却の仕組みや仲介売却がおすすめとなるケース、仲介売却のメリット・デメリット、買取との比較について解説していきます。

こんなときは仲介売却

  • なるべく高く売りたい
  • 時間はかかっても問題ない
  • 築年数が浅く良い状態の物件
  • 駅チカで立地が魅力的である
  • 公共施設や商業施設に囲まれている
  • せっかく売るなら価格で妥協したくない
  • 老後のためにまとまった資金を得たい
  • 十分な住み替え資金が欲しい
  • ローン残債が多いので高く売って完済したい

などのご希望・ご事情・物件の条件であれば「仲介売却」が最もおすすめです。時間はかかりますが、じっくりと価格にこだわって売却することができます。仲介売却ならばご希望に沿った売却が可能です。

仲介売却とは、基本の仕組み

仲介売却とは、基本の仕組み

仲介売却とは売主様から依頼を受けた不動産会社が買主様を探して売却のサポートを全面的に行う方法です。

不動産売却は個人でも行うことが可能ですが、チラシやポータルサイトへの物件情報掲載には広告費がかかりますし物件の紹介や交渉・契約書作成などは手間も時間もかかります。仕事をしながら売却活動をするのは現実的に無理といえるでしょう。また、不動産取引は登記手続きなど法的に複雑な面もあるため、素人では難しいものです。

仲介売却はそうした手間や時間がかかり知識も必要となる、さまざまな不動産売却業務を不動産のプロが行います。仲介を担当する不動産会社には「宅地建物取引士」という国家試験に合格したスタッフが一定数以上在籍しているため、安心して不動産売却を任せることができます。

不動産会社は売主様から依頼を受け、不動産売却のサポートを進めていき、売買契約成立後に成功報酬として仲介手数料を受け取り利益とします。

仲介売却のメリット

仲介売却のメリット

仲介売却では不動産のプロが市場相場に合わせた価格で売却することが可能です。相場を知らない素人が適当に売却を進めると、想像以上に安く買い叩かれてしまう可能性があります。そのようなリスクを避け、より良い条件・より高い価格で売却できるのが仲介売却のメリットです。

また、不動産のプロが売却活動をすべて進めますので、依頼者である売主様の手間はほとんどかかりません。強いて言えば内覧のご対応くらいです。地道な広告活動や売買契約書・重要事項説明書など専門的な知識を必要とする書面作成などもすべてプロが行いますので楽で安心できます。

広告費を含めた販売活動に関わるすべての経費がかからないのも魅力です。売主様が支払うのは売買契約が成立したときの仲介手数料のみですから、ある程度費用を計算しやすいのもメリットとなります。もちろん、契約成立しなければお金を支払う必要がありません。

仲介売却のデメリット

仲介売却のデメリット

もちろん仲介売却にはデメリットもあります。

販売活動における広告費等の必要経費は支払う必要はありませんが、売買契約成立時には不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払わなければいけません。たとえば3000万円で物件が売却できた場合は100万円超の仲介手数料となります。

また、仲介売却は不動産会社が直接物件を買い取る「買取」に比べて時間がかかります。というのも、仲介売却では買主様をいちから探さなくてはならないためです。場合によっては半年~1年以上かかるケースもあります。

不動産売却が得意でない会社と知らずに依頼してしまう、そんなリスクも存在します。当たり外れがあると言えばかわいいものですが、そもそも実績も実力もないのに「契約を取りたい」という自社利益追求のために、根拠のない高額査定をして売主様を獲得しようとする悪質な不動産会社も少ないですが存在しています。このような会社にあたってしまった場合は、なるべく早く仲介先を変更するなどの判断をしましょう。

仲介手数料Q&A

仲介手数料はいくら?値引きは可能?

仲介手数料は売却価格に応じて法的に上限が定められています。たとえば売却価格が400万円超であれば「売却価格の3%×6万円(税別)」が上限です。

ちなみに下限は決められていないため安くする分には問題ありません。そうしたことから、都心など競争率の高い地域の不動産会社の中には競合との差別化をするために、仲介手数料を安く抑えているところもあります。また、値引きに応じてくれる会社もあることはあります。

仲介手数料以外にも費用がかかりますか?

売却活動における広告費や諸経費については、すべて仲介手数料に含まれていますので別途支払う必要はありません(特別な広告掲載を除く)。

ただ、不動産売却では仲介手数料以外にも住宅ローン返済手数料引っ越し費用などの諸費用や譲渡所得税や印紙税などの税金が必要となります。

仲介手数料はいつ支払うの?

仲介手数料は売買契約成立時に不動産会社へ支払う成功報酬です。それがベースとなって、一般的には以下の3つが支払いタイミングとなります。

  • 売買契約時に仲介手数料の100%を支払う
  • 売買契約時に50%、売却代金決済時に残り50%の仲介手数料を支払う
  • 売却代金決済時に100%の仲介手数料を支払う

どのタイミングで支払うことになるのかは、不動産会社によって異なります。事前に確認をしておきましょう。

売買契約が解約となった場合の仲介手数料について

売買契約が成立した時点から、不動産会社は依頼された売主様に仲介手数料を請求する権利を持ちます。つまり、何らかの事情で解約になった場合でも請求される可能性があると考えておきましょう。

ただし、解約の事情や経緯などによっては仲介手数料が請求されないケースもあります。たとえば買主様の都合による解約であれば請求されない、または手数料の減額などケースバイケースで対応されます。

買取との比較

買取との比較

まず知っておきたいのが、物件を買い取る側が、仲介売却なら「一般の購入希望者」、買取なら「不動産会社」ということです。それを前提とした上で、仲介売却と買取には3つの大きな違いがあります。

まずひとつは「売却までの期間」です。仲介売却は依頼を受けた不動産会社が販売活動を行って買主様を見つけます。売却までには最短でも3ヶ月程度が必要です。一方、買取は不動産会社が物件を直接買い取るため、数日~数週間で売却できます。

つぎに「売却価格」にも違いがあります。仲介売却は広く購入希望者様を募りより良い条件を提示された方に売却することができるため、市場価格に合わせてなるべく高く売れるのが特徴です。一方、買取は市場価格の6割~8割が目安となり、やや安くなるのが特徴です。

最後に、「契約不適合責任」の有無です。仲介売却では契約内容になかった物件の不具合や欠陥が発覚した場合、買主様は売主様に対して損害賠償請求することができます。これは、売主様側に契約不適合責任を負う義務があるためです。一方、買取では契約不適合責任は免除されます。